Kudo & Associates


HOME > 業務内容 > 出願・コンサルティング業務 > コンサルティング > 中小企業成功事例2

中小企業成功事例2

patent_sample_pt2.gif

①PCと家電製品の融合への期待と要望が高まる。
②大企業である、家電メーカーやPC関連メーカーは、大企業であるため、小回りが利かず、各自のスタンスで融合された分野へのアプローチを図る。
③しかし、互いの分野でうまく連携がとれないため問題解決に至らない。
④中小企業であるB社がこの融合された分野へ参入する。
⑤中小企業であり、小回りが利くため各分野をまたいでアプローチすることが可能になり、問題解決策を発明した。
⑥発明した技術を利用したビジネスモデルを構築し、そのモデルによって収益をあげる。

(ポイント)
 大企業では小回りが利きにくいようなビジネス分野におけるニッチ戦略により「仕組み」を作り、その分野でのトップランナーとなります。そして、その「仕組み」が大規模に展開するステージになるまでに大企業が参入しづらいように 基本アイデアを出願しておきます。大規模な展開のステージでその「仕組み」に大企業を参入させる際に、資本参加などを受けて自社の地位を築いてゆきます。